フリーローンお勧めはココ

たくさんあるフリーローンを選ぶ際の決め手となるのは何でしょうか?

 

それは大きく分けて3つのポイントに絞られます。

 

  1. 金利が安いか
  2. 取引が簡単か
  3. いくらまで借りられるのか?

 

この3つのポイントを考慮するとおのずとお勧めのフリーローンが明らかになっていきます。

 

金利が安いか

フリーローンの金利は同じようで実はぜんぜん違うのです。
例えば借りやすい街金のフリーローンでお金を借りますと、通常金利は18%を優に超えています。
以前はグレーゾーン金利といわれ、30%を程の金利を取られるところも多数存在していました。

 

しかし大手の特に銀行が出しているフリーローンを使用すると、10%〜15%ほどの金利で済みます。
これは50万円借りるとすると1年間で2万〜5万円も利息が変わってくることを意味します。

 

取引が簡単か

これは以外に大切なポイントです。
例えば借り入れ、返済が大きな駅前のショップやATMでしか返済できない場合も少なくありません。

 

返済するお金があったとしても、人は返済を行なうだけために、電車で2,3駅乗って行こうと思うでしょうか?
めんどくさいのでまた今度にしようと思うのです。
結局、不便さは滞納金へとつながります。

 

ですから借り入れも返済も便利さが非常に重要なのです。

 

大手の銀行フリーローンや銀行系のフリーローンならたいていインターネット上で返済ができたり、近所のコンビニのATMでも借り入れ返済が可能です。

 

いくらまで借りられるか?

各フリーローン会社によっていくらまで貸してくるのか(融資枠)が違います。
今は総量規制と言って年収の3分の1以上は借りることができません。
つまり、年収が300万の人は一般の消費者金融ではどんなに交渉しても100万円以上は借りられないのです。

 

しかし銀行フリーローンは総量規制の法律に影響されません。よってフリーローンを選ぶなら、大手銀行のフリーローンがお勧めです。

フリーローンとは何ですか?

フリーローンとはお金の使い先を問わないローンのことです。
フリーローンの「フリー」とは使用用途がフリーであるという意味なのです。

 

教育ローンや住宅ローンと比較するとわかりやすいでしょう。
同じような返済計画で利息とともに返済しますが、使用用途が住宅費とか教育費などと限定されています。
貸し出しの際にお金が本人に渡ることはなく、直接不動産や教育機関に支払われます。

 

フリーローンは全く違います。借り入れ相手は自分です。借りたい本人が現金を手にします。

 

この「借入者本人が現金を手にする」ことこそがフリーローンの最大の特徴で、その現金はなんに使用していいのです。
しかし現金で借りたものは利子をつけて返さなくてはいけません。

 

フリーローンは便利な分、利子が高くなっています。
通常はフリーローンの最高年利は15〜18%です。
これは住宅ローンや教育ローンと比べても年利がほぼ2倍以上です。

 

しかし結婚式への出席、入院費用の調達などの急な出費を捻出するにはとても便利な制度でしょう。

 

フリーローンには問題点も存在します

 

借りて、現金を手にし、その現金は財布の中に入ってしまうと、人はあたかもそれが自分のもともとのお金であるかのような錯覚に陥り、借金をしているという感覚を失ってしまうのです。
よって返済が必要なときにはお金がなく、さらに別の金融機関で借り入れをしてしまうという悪循環が生まれます。

 

いったん多重債務者になってしまったらなかなかその状態から抜け出せません。
必要以上の仕事を行なわなくてはいけなくなり、経済的な面だけでなく健康面でもバランスを崩す人も少なくありません。

 

よってフリーローンは非常に便利なものではありますが、事前に十分な返済計画を立ててから利用しなくてはいけないものでしょう。

フリーローン各社を徹底比較

カードローンもどこも同じに見えますが、よくよく見ますといろいろと違いがあるのです。
どのフリーローンが良いのか比較してみましょう。

 

まず一番人気は銀行のフリーローンです。
銀行フリーローンの中でも、返済中でも借入限度額なら何回でも借りれる「カードローン」が人気です。

 

理由は簡単です。金利が安くて便利だから。

 

どれくらい安いかというと、およそ一般の消費者金融の60%くらいの金利で借りることができます。
三菱東京UFJ銀行、住信SBIネット銀行など大手銀行でも最高金利も10%というフリーローンもあり安心です。

 

便利性という点においても、銀行のカードローンは通常コンビニにあるATMで返済借り入れができるのでとても重宝します。

 

続いて2番の人気は銀行系カードローンです。
これはバックに大手銀行が付いている消費者金融という意味です。

 

なぜ良いかというと、企業として安定しているのと、借り入れがスピーディーに行なえるからです。
通常これらのフリーローンは必要とするその日に借り入れを行なうことが可能です。

 

さらに大手銀行系のローンはインターネット上で申し込み、審査、返済などが行なえ、家にいながらやり取りができるのもメリットでしょう。

 

大手としてはモビット(三菱東京UFJ銀行グループ)やプロミス(三井住友銀行グループ)などがあります。

 

続いて3番目人気のフリーローンはいわゆる消費者金融の大手です。
上記の2の銀行系ローンと金利設定などが似ていますが、母体会社の有無による安定性、利用状況の快適さなどに差があります。

 

アイフルはその代表格でそのほかにも有名ながらもバックに銀行がない消費者金融はたくさん存在します。

 

ブラックの企業からの借り入れはせずに、上記の比較的安全なフリーローン会社を選びましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日