キャッシングの利用は金利が重要ポイント

基本的な金利の仕組みを知りましょう

金利はキャッシングを利用する人にとっては特に重要なチェックポイントです。キャッシングを選ぶ場合には他の条件は気にしなくても金利だけはしっかりとチェックするという人が多いでしょう。実際にキャッシングの利用では金利が重要なポイントになるのです。

 

ですからキャッシングに申し込む際にはできるだけ低金利で借りることのできるキャッシング業者を探したりするのですが、実際に低金利でキャッシングを利用するのは簡単ではないのです。これまでの信頼実績や申込者の年収など多くの条件をクリアする必要があるのです。

 

またある程度の金利に関する知識も必要になります。知識があれば低金利で利用できるというわけではありませんが、何も知らないよりはずっと有利にキャッシングを活用できるでしょう。今回は特に初歩的な金利に関する基本知識について解説します。

 

金利と利用限度額の関係について考えてみましょう

「自分にはそれほど大きな金額は必要ないので限度額についてはあまり気にしていない」という人もいるようです。金利については重視する人が多いのですが、限度額についてあまり考えていない人が多いようです。しかし実際には金利と利用限度額の間には深い関係があるのです。

 

キャッシングでは金利に関する条件は限度額と合わせて良い条件になるのです。例えば最も少ない限度額である10万円の枠の場合には金利は高額となるのがほどんどです。おそらく最低でも10%以上になるでしょう。なぜ金利と限度額が関係するのかというと、業者にとってはできるだけ大きな金額を借りてもらったほうが利益が大きくなるからなのです。

 

つまり低金利でも限度額を増やして大きな金額を借りてもらうことができるのであれば十分に利益が出ると考えているからなのです。仮に限度額100万円の枠で金利が15%であれば、満額まで借りたら1年で15万円の利息を支払う必要があります。これでは枠が大きくてもなかなか大きな金額は利用しにくいですよね。ですが金利を下げることによって大きな金額を借りてもらうことができれば、返済までの期間が長くなるために低金利であっても業者は利益を回収することが可能になるのです。

 

これらのことから考えると、金利を下げるためには同時に限度額の増額を目指すのが効果的だということになります。つまり低金利で利用限度額が大きいという理想的なキャッシング枠を作ることが目標になるのです。

 

低金利以外にも金利の負担を減らす方法はあります。

低金利だけが金利負担を減らす方法のように感じられるかもしれませんが、実際には一括返済などによって金利の負担をを大きく減らす方法もあるのです。早めの返済を心がけることで金利の負担を減らすことができますから、余裕があればできるだけ早期の完済を目指してください。

 

そうはいっても低金利であれば有利であることは確実ですし、限度額についても多いほうが少ないよりも安心して利用することができます。これらについてもできれば最高の条件を目指しましょう。

おすすめカードローン一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日