スコアリングによって設定される

フリーローンの金利を見ていると「年率4〜18%」などとなっています。
これはある人はたった年率4%でフリーローンを利用できますが、ある人は年率18%払わないといけないという意味です。

 

この金利の差はどうやって決められるのでしょうか?

 

金利を決定する方法

銀行にしても消費者金融にしても、金利を決定する際にスコアリングと言われる数値による決定方法を持っています。

 

次の事柄が点数化され、その人の信用度を決定します。

  • 年収がいくらか
  • 他社に貸付があるか
  • サラーリーマンか個人事業主か
  • 今までの返済において滞納はないか
  • 担保となるような持ち家などがあるか

などなど。

 

これらによって出てきた数字で金利が安く設定されるのか上限近くに設定されるかが決まります。

 

このスコアリングの方法によって決まるのは金利だけではありません。
年収が低く、他社にも貸付があるなど、スコアリングの結果があまりにも悪いと借り入れそのものができなくなるケースもあります。
返してくれる見込みのない人と思われるからです。

 

ですが、大会社の重役であり、持ち家があり、定期的な収入が見込め、今までお金を借りた時はすべて返しているなどですと、一番安い金利で借り入れることが可能です。

 

なぜなら貸付機関すると確実に利子をつけて返してくれそうな相手、今後もずっとお付き合いしていただきたい相手であり、その気持ちのしるしとして金利を安めに設定します。

 

その逆で年収が多いとしても信用機関に滞納記録があり、個人事業主などですと、本当に返済してくれるのか信用が落ちて、金利は上限ギリギリで貸し出されるということになるわけです。

 

通常今まで一度もお金を借り入れたことがないビギナーはどういう状況であろうとたいてい金利は高めに設定されてしまいます。
実際にお金を返すのは年収でも、持ち家でもなく「人」ですので、この世の中で人としての信用を築くまでは高めの金利を覚悟しておきましょう。

おすすめカードローン一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日