金利が少なく返済が便利

フリーローンは大きく分けて二つあります。

 

銀行のフリーローンとその他金融機関のフリーローンです。

 

多くの人はまずは銀行のフリーローンを活用しようとしますが、それにはどんなメリットがあるからなのでしょうか?

 

4つのメリットがあるからといえるでしょう。

 

 

借り入れ金額に制限がない

銀行フリーローンの最大メリットは「総量規制」という法律の適用外であるという点です。総量規正は簡単に言うと年収の3分の1以上は貸し出しをしてはいけないという法律です。

 

消費者金融では家の事情でアルバイトなどしかできず150万しか年収のない人は実質50万円しか借り入れができないということになります。

 

しかし銀行では150万の年収しかなくても家族の富裕者が担保人になっているとか、親が買ってくれた持ち家を持っているとか、いままでに返済遅延記録がない場合では、50万円以上の貸し入れを受けることができるケースがあります。

 

金利が少なくて済む

通常銀行のフリーローンはその他消費者金融より金利が安めに設定されています。
一般の消費者金融は金利が一年で4〜18%ほど。
一般の銀行は金利が1年で4〜15%ほどです。

 

あまり違いがないように思われるかもしれませんが、実は借入者のほとんどは最高金利に近い年利での貸し出しになるので3〜5%の年利の開きが出ることになります。
これは年という単位で考えると、大きな違いで万単位の利子が違ってきます。

 

接客態度が確立されている

容易に想像がつくことと思いますが銀行と街金では、入社後の教育はどちらが充実してなされているでしょうか。
銀行のほうが消費者金融よりも接客が確立しており、安心して取引できます。

 

返済が便利

銀行のフリーローンは通常借り入れ返済をコンビニのATMで行なうことができます。
しかし街の消費者金融は直接来店か、ショップ横のATMに行ってはじめて借り入れ返済ができるのです。

 

 

銀行系カードローンについてもっと詳しく

おすすめカードローン一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日