融資可能額、金利、審査が違う

フリーローンとカードローンはよく混同されて用いられる言葉です。
厳密に言うとどんな違いがあるのでしょうか?

 

フリーローンの定義は「使用用途が自由なローン」となりますので、カードローンはフリーローンの一部分に含まれるといえます。
しかし一般に両者には意味の違いがあり金融業界では使い分けがなされています。

 

大きく分けて3つの違いがあります。

 

1、融資可能額枠内でさらにお金が借りられるかが違う
2、金利が違う
3、審査が違う

 

一つ一つ見ていきましょう。

 

融資可能額枠内でさらにお金が借りられるかが違う

まずは融資可能額の枠内でさらにお金が借りられるかが違います。

 

例を挙げて説明するとこうなります。

 

50万が融資可能額である「カードローン」があったとします。
50万借り入れて、その後返済を続けて借金残金が20万に減りました。
するとまだ返済を終えていなくても、30万円分融資枠が空いていますので、またお金を引き出すことができます。

 

しかしフリーローンは違います。
50万円借り入れし借金残金が20万円になったとしても、全額返済しない限り更なる借り入れを行なうことはできません。
全額返済してはじめて、再びフリーローンを組めるのです。
もし返済途中にさらにお金が必要なら別途の金銭消費貸借契約を締結しないといけません。

 

以上のことからわかるように利用者からするとカードローンはフリーローンより勝ります。

 

金利の違い

カードローンのほうが便利な分、少し金利は高めに設定されます。
上記の点から分かるように枠の余剰が出ると、人はすぐにまたお金を借りる傾向がありますから、全額返済してくれないかもしれないというリスクを考えると金利は当然高めになるというわけです。

 

審査の違い

通常カードローンの審査はフリーローンの審査より若干厳しくなっています。
それは枠内で何度でも自由に借りることができる分、当然信頼に値する人かどうかを確認する必要があるからです。

おすすめカードローン一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日